ドメイン取得

ドメインを取得しよう

ドメイン登録

アダルトサイトを作成するためには、まずドメインを取得するところから始めましょう。ドメインがなければいくらサイトを作成しても誰の目にも届かないため取得が必須となっています。

ドメインをわかりやすく説明すると、自分の作成したサイトが、「家」だとすれば、「住所」に該当します。

普段目にするURLは、ドメイン(住所)に存在するサイト(家)の1つになります。

ドメインを取得することにより、サイトURL・メールアドレスで使用することができるようになります。

具体例をあげると
https://www.AAAAA.jp/
というURLがあるとします。

AAAAAの部分には、そのウェブサイト固有の文字列が入ります。こうした固有の文字列(AAAAAの部分)と「jp」などが組み合わさった「AAAAA.jp」が「ドメイン」です。「www」の部分は「サブドメイン」になります。

「jp」の部分はトップレベルドメイン(TLD)といいます。TLDは、ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)によって特定の組織に委託・管理されています。

ICANNとはドメイン名等の各種インターネット資源を全世界的に調整することを目的とした民間の非営利団体です。

サブドメインは、ドメインを保有していれば好きに名付けていくつでも使用することができます。(サーバーに制限がある場合もあります)

当サイトにおけるドメインは「adaffi.info」になります。サブドメインはありません。

ドメイン管理はレンタルサーバーでも行っているところが多く、レンタルサーバーの契約と同時に1件無料等のキャンペーンがあることもあります。

最初はそのサービスを利用しても良いのですが、経験則として今後複数サイトを運用する場合にレンタルサーバーは、サイト種類(アダルト、ノンアダルト等)やアクセス数において随時分けることが多々起こります。

そうなってくるとドメイン管理がレンタルサーバーごとに分かれて煩雑化することになり、どのドメインがどこで管理されているかを把握するのが難しくなります。

そういった経験則も踏まえて

今後あなたがサイトを複数運営する予定なら、ドメイン登録サービスを分けずに一括管理するのをおすすめします!

ドメインにかかる費用

ドメインにかかる費用は大きく分けて3つあります。

「登録」「更新」「移管」にかかる費用です。

登録料金は、新規登録初年度に支払う料金を指し、基本的には各サービス共に料金が安く設定されています。これは新規を取り込む上で戦略で、顧客の目に見える料金部分になります。

更新料金は、2年目以降にかかる料金で1年でやめてしまわない限り、基本的にはここが維持費にあたる部分です。

移管料金は、ドメインを違うドメインサービスに変更する際(他社乗り換え)にかかる料金です。

Whois情報公開代行とは

Whois情報とはドメインの保持者の氏名・住所・電話番号等の登録者情報を誰でも閲覧できる情報提供サービスです。

登録者情報は前述のTLDと同様に、ICANNで一般公開することが義務づけられています。そのためドメインを誰が管理保持・管理しているかのWhois情報は誰でも検索することができます。

Whois検索:お名前.com

ドメイン登録時に何もしないままだとドメイン購入時に登録した氏名・住所・電話番号等が全世界に向けて公開されてしまうことになります。

その対処法は、各ドメインサービスが基本的に実施しているWhois情報公開代行サービスを使用することです。

Whois情報を代理で公開(ドメインサービスの情報に置き換え)してくれるため、ドメイン保持者のプライバシーが保護されます。

人気ドメイン価格比較(2022年11月更新)

登録料金

ドメインの登録期限は1年での料金比較です。

サービス名 / ドメイン.net.com(ローマ字).jp(日本語).jp
お名前.com 0 ※0 ※330 ※1 ※
エックスドメイン 1 1 3501 ※
スタードメイン1,1009801,9001,280
バリュードメイン0 ※0 ※2,0351,309
Qドメイン1,8351,5802,9121,485
エルドメイン1,8531,8533,1571,996
ゴンベエドメイン2,3102,0683,1243,124
※価格はすべて円表記

登録料金は、記載外のドメインについても「お名前.com「エックスドメイン」が安いです。

※ 特価ドメインは基本的に取得個数制限があります。

更新料金

ドメインの更新期限は1年での料金比較です。

サービス名 / ドメイン.net.com(ローマ字).jp(日本語).jp
お名前.com 1,5071,2873,0911,276
エックスドメイン 1,5181,2983,1021,298
スタードメイン1,6201,5003,1001,300
バリュードメイン1,6281,7283,1241,309
Qドメイン2,1602,2002,9121,485
エルドメイン1,8531,8533,1571,996
ゴンベエドメイン2,3102,0683,1243,124
※価格はすべて円表記

更新料金は、比較的「お名前.comが安いです。

移管料金

基本的に移管時にドメイン期限が1年延長されます。

サービス名 / ドメイン.net.com(ローマ字).jp(日本語).jp
お名前.com 1,0121,0123,1241,309
エックスドメイン 1 ※21 ※21 ※21,298
スタードメイン1,3001,2003,0001,300
バリュードメイン0 ※20 ※23,1241,309
Qドメイン1,8351,5802,9121,485
エルドメイン1,8531,8530 ※10 ※1
ゴンベエドメイン2,3102,0680 ※10 ※1
※価格はすべて円表記

移管料金は、キャンペーン価格前提で「エックスドメイン」が全体的に安いです。

※1 「エルドメイン」「ゴンベエドメイン」の「.jp」ドメインの移管料は0円ですが、有効期限は延長されません。

※2 期間限定のキャンペーン価格です。

無料Whois情報公開代行

Whois情報公開代行サービスの無料での利用有無です。

サービス名 / ドメイン.net.com(ローマ字).jp(日本語).jp
お名前.com
エックスドメイン ×※×※
スタードメイン
バリュードメイン
Qドメイン
エルドメイン
ゴンベエドメイン× (\1,100)× (\1,100)× (\1,100)× (\1,100)
※価格はすべて円表記

※公開連絡窓口情報のみ対応

迷ったらすべてのドメインを「お名前.com」で一括管理するのがおススメです!

中古ドメインも検討する

新規サイトに中古ドメイン(オールドドメイン)を使用することで過去のサイト評価を引き継ぐことができるため、サイト公開後に検索結果が高くなる(SEO評価が良い)ことが多いです。

しかし、もちろんいいことばかりではなくメリットもデメリットも存在します。

メリット
  • 検索上位に表示されやすい
  • 新規ドメインよりインデックススピードが早い
  • 過去の被リンク(バックリンク資産)を引き継げる

検索上位に表示されやすい

中古ドメインは過去のドメインパワー(運用年月、インデックス残、被リンク等)をそのまま引き継ぐことができるため、そのドメインが過去に良い評価を受けている場合にサイト公開初期から検索上位に表示される可能性が高いです。

しかしながらコンテンツ内容が検索エンジンから評価を受けないと結局は年月を経過後に検索結果が下がることになるので注意が必要です。

新規ドメインよりインデックススピードが早い

中古ドメインは過去に検索エンジンのクローラーから認識されているため、良い評価を受けているサイトはクローラーが頻繁に訪れます。そのため新規ドメインサイトより検索に登録(インデックス化)されるのが早くなります。

その結果、新規ドメインと比べてサイト立ち上げ初期のコンテンツ公開後の流入ユーザーが増加し、安定したスタートダッシュを切れることになります。

過去の被リンク(バックリンク資産)を引き継げる

被リンクとは他サイトから自己サイトに向けられたリンクのことを指します。

この被リンクがドメインパワーの重要な要素といわれており、新規ドメインサイトはこれがゼロの状態から始める必要があります。

反対に中古ドメインの場合、過去サイトの被リンクがそのまま利用できるため数的に有利な状況からスタートすることができます。

デメリット
  • 新規に比べ値段が高い
  • 高いからといって必ず効果があるわけではない
  • ペナルティを受けてるドメインの可能性がある
  • ドメイン名を自由に決めれない

新規に比べ値段が高い

中古ドメインは個人間でやり取りをする方法はほとんどありません。Whois情報を代行せずに公開している場合のみそちらから連絡できる場合がありますが、現在はほぼ代行情報が表示されています。

そのため、中古ドメイン販売業者が仲介しているサービスを利用して購入することになります。中古ドメイン販売業者は独自に調査してドメインパワー価値を算出しています。

基本的に掘り出し物のようなものはほとんどありませんが、目的にあった中古ドメインとその価値を見極めるのが簡単になります。

しかし、仲介手数料と過去ドメインパワー価値が合わさるので新規ドメイン購入費用より値段が高くなります。

値段が高いからといって必ず効果があるわけではない

中古ドメインは新規ドメインと比べて値段がかなり高額になります。ドメインパワー価値における値段の算定も必ずしもSEO効果とイコールの価値になることはありません。

なぜなら検索エンジンは、様々な情報を裏で処理した結果によって順位を決定しているため、単純にドメインパワーだけでは検索結果を予想しきれないからです。

高いドメインを購入したからといって必ず満足いく結果を得ることができないリスクがあることは頭にいれておくべきです。

ペナルティを受けてるドメインの可能性がある

中古ドメインは、良い評価のみならず悪い評価も同時に引き継ぎます。

過去にフィッシング詐欺、ウィルスダウンロード、犯罪に使用された等のサイトは、検索エンジンから悪い評価を受けているため検索に表示されない可能性もあります。

ドメイン名を自由に決めれない

新規ドメインは自サイトに合わせて自由に名前を決定することができますが、中古ドメインは当たり前ながら名前を決めることはできません。

サイトに合っていないドメイン名を使うと訪問者にとって良い面は一つもないので、そのあたりを考慮して選択する必要があります。

中古ドメイン(オールドドメイン)は過去サイトの良い評価を引き継げる場合は様々なメリットがあります。しかし、悪質なサイト評価があった場合にデメリットがある面は注意が必要です。

値段も割と高額になるケースが多く、勝負サイトを立ち上げる場合に使用するのが良いでしょう。

総合おすすめランキング

お名前.com は東証プライム(旧1部)上場のGMOグループが運営する国内最大級のドメイン登録サービスです。
登録手続きも早く、決済後1分もすればすぐにドメインが使用可能です。

また、中古ドメインの売買も行っており、実績のある中古ドメインを購入することも可能です。
お値段は新規に比べると割高になります。ドメインは運用実績年等がSEO効果に直結しますので勝負サイトには優良ドメインを購入するのもいいかもしれません。

管理人は、お名前.comでドメインを一括管理してます。

エックスドメインは国内のレンタルサーバー会社「エックスサーバー」が運営するドメイン登録サービスです。

取り扱いドメインの種類は他社に比べると少ないですが、国内人気ドメイン「.com」「.net」「.jp」の価格、更新料金が他社に比べて安く、長く使用するならお得です。

バリュードメインはお名前.comと同様にGMOグループのGMOデジロックが運営するドメイン登録サービスです。

ドメイン登録実績600万件以上、登録ユーザー65万人以上、運用実績20年を誇ります。

ドメイン総数570種類以上で国内では珍しい海外ドメインも多く取り扱っており、定番の「.com」「.net」ドメインは国内最安値です。

スタードメインはネットオウル株式会社が運営するドメイン登録サービスです。

「.jp」ドメインが国内最安値圏!

ドメイン契約でレンタルサーバー「スターサーバー」の無料プランがついてきます。

お試し感覚でサイトを作ってみたい方におすすめです。

Qドメインは株式会社エムフロが運営するドメイン登録サービスです。

多くの顧客に好評な直感的にでわかりやすい管理画面で大量ドメインの一括操作が可能です。
「(ローマ字).jp」の更新料が国内最安値!

エルドメインはRebyc株式会社が運営するドメイン登録サービスです。

「.jp」ドメインを他社から移転(移管)する際の手数料が無料です。
「.jp」ドメイン:「.jp」「日本語.jp」「都道府県.jp(ASCⅡ)」「都道府県.jp(日本語)」

ゴンベエドメインは株式会社インターリンクが運営するドメイン登録サービスです。

国内最大約1000種類以上のドメインから海外ドメインをはじめ、他社では見つからない珍しいドメインを取得することができます。

記載料金は、時期により実際と異なる場合があります。最新の料金を確かめた上でご購入ください。

タイトルとURLをコピーしました