レンタルサーバー比較

アダルトサイト運営用のレンタルサーバーを借りよう

アダルトサーバー

アダルトサイト運営において重要なのがアダルトサイトが運営可能なレンタルサーバー(以降アダルトサーバーと呼称)の選定になります。

個人でサーバーを構築し運営できる人以外は、基本的にレンタルサーバーを借りる必要があります。

国内レンタルサーバー会社の多くはトラフィックが多くコストがかかるためアダルトサイトの運営を禁じています。

そのためアダルトサイト運営が可能なレンタルサーバーを探して借りる必要があります。

アダルトサーバーにかかる費用

アダルトサーバーにかかる費用は「初期費用」「維持費用」の2つです。

初期費用は、その名の通りアダルトサーバーを借りる初回のみ発生する費用です。

維持費用は、月額ごとにかかる費用です。レンタル契約は、1/3/6/12ヵ月単位で契約する場合が多く、基本的に年間契約の料金がお得です。

アダルトサーバーの種類

アダルトサーバーの種類

共有サーバー

共有サーバーとは、1台のサーバーを複数ユーザーでシェアしてレンタルする方式です。複数人でサーバーを借りるため1人当たりの料金が安く抑えられます。

しかし、サーバーのリソースが共有のため、一部のユーザーが負荷をかけるとそのサーバーを借りているユーザー全員に影響があります。

個別サーバー

名前の通りサーバーを1台丸ごとレンタルする方式です。リソースを最大に利用することができますが、料金はかなり高額になります。

サーバーの設定面も自由に変更できますが、ある程度知識がある人向けです。

VPS

1台のサーバーを仮想的に分割し、個別サーバーのように使用できる方式です。料金・スペック共に、共有サーバーと個別サーバーの中間に位置する存在です。

複数人で1台のサーバーを借りている点は、共有サーバーと同じですが、リソースは分かれているので自由に利用することができます。

初心者はどれを借りればいいのか

まずは共有サーバーを借りるのをおすすめします。

最初のうちはアクセスも少なく、リソースを最大に生かすことができません。レンタルサーバーに慣れる点でもコストは安く抑えるのが良いです。

中古サイトを購入して最初からある程度のアクセスがある場合を除き、いきなりVPS・個別サーバーを借りるメリットはあまりありません。

アクセス増加に伴って

「共有サーバー」⇒「共有サーバー(プランアップ)」⇒「VPS)⇒「個別サーバー」

の順番でステップアップするのがおすすめです。

明確な理由なくいきなりVPS・個別サーバーを借りるようなことはせず、サイトの規模が大きくなってから移行するようにしましょう。

アダルトサーバーを選ぶ基準

料金

月額でかかる料金が一番重要なのは間違いありませんが、かといって安いのが一番良いかと言われればそうではありません。

国内レンタルサーバー会社のサーバー機器入手価格は、基本的にそこまで変わりません。サーバー稼働の電気代も全国的に違いはありますが、同じ機器を使えば同じだけ費用がかかります。

そのため、安い共有サーバーではたくさんの人が相乗りしている分、使えるリソースが限られます。

同じリソースを使用するサイトにアクセスが集中すると自分のサイトも影響を受けて表示が遅くなります。最悪ページが表示されなくなります。

国内競合アダルトサーバー会社は各社料金設定での価格競争をしていますので、基本的には料金がスペックに比例すると思って構いません。

管理人も最初、安いアダルトサーバーを借りて動画サイトを運営したのですが、3ヶ月ほどでアクセスが急増し、ページが表示されなくなりました。そしてサーバー会社からプランアップを促されて徐々にプランを上げる羽目になった経験があります。

一概に安いから良いわけではなく、安いのには理由があることを覚えておいてください。

ディスク容量

目的に応じて基本的に無制限ないし、多いところを選択しましょう。

近年はSSDストレージが当たり前ですが、未対応の場合もあるのでSSD対応かどうかも確認しましょう。

大量の動画ファイルをサーバーにアップするようなことをしなければ、基本的にそこまで気になりません。

転送量

基本的に無制限ないし、多いところを選択しましょう。

転送量が上限に達すると著しく通信が制限され、ページの表示が遅くなります。

ドメイン

ドメイン持ち込み可能かつ、マルチドメイン可能なサーバーを選択しましょう。

マルチドメインとは、1つのレンタルサーバー契約の中で、複数のドメインでWebサイトを作成できる機能です。基本的に多ければ多いほど良いです。

使用可能言語・サービス

言語

「PHP」「Perl/CGI」「Python」あたりは必須ですが、基本的に使用できますのであまり気にする必要はありません。

サービス

「.htaccess」「WordPress」「MYSQL」「CronJob」「SSH」「共有SSL」あたりは使用可能なところを選択しましょう。

  • .htaccess
  • 多くのWEBサーバーで使用されている「Apache」(アパッチ)を制御する設定ファイルで、これを配置することによりディレクトリへのアクセスを制御できます。
    例としてページに飛んできた訪問者を強制的にあるページに飛ばしたり、PC・スマートフォンを判別して適したページに飛ばすことができるようになるファイルです。

  • WordPress
  • ブログ形式で簡単に自分のサイトが作成できるオープンソースのブログソフトウェアです。近年は使用できるサーバーがほとんどです。

  • MYSQL
  • WordPressにもデフォルトで使用するデータベースです。
    膨大なデータを管理するようなサイトを作成する場合に使用します。

  • CronJob
  • コマンドの定時実行のスケジュール管理が可能かどうかです。
    作成プログラムをスケジュール管理して毎日決まった時間に実行できるので便利です。

  • SSH
  • 遠隔からサーバーを直接操作できる暗号プロトコルです。
    コマンドプロンプトからサーバーに直接アクセスして操作が可能になります。

  • 共有SSL
  • インターネット通信の暗号化に使われるSSLを証明する「SSLサーバ証明書」を保有・導入しているかどうかです。これがあれば「https」通信を利用できます。
    SSL対応しているかどうかでGoogleが検索順位に影響があると発表していますので、もはやURLの「https」化は必須項目です。

サポート体制

基本的にそこまで連絡する機会はありませんが、時間が充実してるところを選択しましょう。

ちょっとした疑問などをメールで問い合わせしたり、ページが表示されていない等の障害で問い合わせすることがあります。

アダルトサーバー料金比較

初期費用
サーバー名初期費用
mixhost無料
ColorfulBox無料 ※1
アナハイム無料 ※2
FUTOKA2500円
カゴヤ3300円
MINIPOP3500円
GMO iCLUSTA+5000円
実用的最安値プランで比較

※1 3ヶ月以上契約の方のみ無料
※2 キャンペーン中のみ(通常2100円)

月額料金
サーバー名月額料金
MINIPOP250円
アナハイム380円
FUTOKA780円
ColorfulBox880円
mixhost880円
カゴヤ880円
GMO iCLUSTA+934円
最安値プランで比較
料金 / ディスク容量
サーバー名1Gあたりの価格
アナハイム1.26円
ColorfulBox2.93円
mixhost3.52円
GMO iCLUSTA+4.67円
MINIPOP5円
カゴヤ8.8円
FUTOKA39円
最安値プランで計算し、コストパフォーマンスが良いものを表上位に配置

転送上限量 / 料金
サーバー名1円あたりの転送量
アナハイム無制限
GMO iCLUSTA+無制限
ColorfulBox5.82G
カゴヤ4.19G
mixhost3.49G
FUTOKA0.76G
MINIPOP0.4G
最安値プランで計算し、コストパフォーマンスが良いものを表上位に配置

アダルトサーバースペック比較

サポート体制
サーバー名電話サポートメールサポートチャットサポート
ColorfulBox24時間
(土日祝を除く)
24時間
(土日祝を除く)
9:30~17:30
(土日祝を除く)
mixhost×10:00〜18:00
(土日祝を除く)
×
MINIPOP×24時間
(土日祝を除く)
×
カゴヤ9:30~17:45
(土日祝を除く)
24時間365日×
GMO iCLUSTA+10:00~18:00
(土日祝を除く)
24時間365日×
FUTOKA10:00~18:00
(土日祝を除く)
24時間
(土日祝を除く)
×
アナハイム9:00~18:00
(年中無休)
24時間365日×

アダルトサーバー総合ランキング

株式会社カラフルラボが運営する2018年の新興ホスティングサービスですが、初期費用無料、低価格と海外ホスティング会社と同様のサービスを採用することにより近年爆発的にユーザが増加しています。

全プランで「高速SSD」、そして高性能サーバー「LiteSpeed」を標準採用、自動バックアップ機能を無料で標準搭載しています。

データ保存先からより遠い拠点にバックアップ先(関東・関西の2拠点のどちらか)が自動で選択されます。万が一災害等に襲われても復旧できる安心の仕組みを構築しています。

アナハイムエレクトロニクス株式会社が2002年から運営する老舗ホスティングサービスです。アダルトサイト運営者の中では、その名称のユニークさから有名なサーバーです。

国内では珍しくアダルトサイトに特化したレンタルサーバーで低価格、転送量無制限と古くからアダルトサイト運営者に愛用されています。

全プランで「高速SSD」、そして高性能サーバー「LiteSpeed」を標準採用し、転送量も無制限です。

低価格、高スペック、転送量無制限、年中無休のサポートとアダルトサイトを運営するにはかなりおすすめのサーバーです。

アズポケット株式会社が運営する2016年創業のホスティングサービスです。

全プランで「高速SSD」、そして高性能サーバー「LiteSpeed」を標準採用しており、レンタルサーバーでは重要となるサーバー安定性についても、自信があるからできる稼働率99.99%を品質保証制度(SLA)で保証しています。

自社のSLAで保証を行っているだけあり、低価格帯の競合サーバーの中では、安定性が頭一つ抜き出ています。

初期費用無料、低価格、高速、高安定性と非常にコストパフォーマンスに優れており、人気の高いレンタルサーバーです。

カゴヤ・ジャパン株式会社が2006年から運営する老舗ホスティングサービスです。

法人利用率は80%超えで、15年以上レンタルサーバーを運営してきた実績、安心感、障害対応能力、手厚いサポート体制が売りです。

カゴヤの共有サーバーは、一般的な共有サーバーと違い、WEB/データベース/メールサーバーをそれぞれの機能に特化した物理サーバーで分散運用しているため、障害に強く高い信頼性を誇ります。

株式会社トーマスオブアメリカが2002年から運営する老舗ホスティングサービスです。

低価格を前面に押し出しており、アダルトサイトが運営できる国内サーバーでこれ以下はないんじゃないかという価格帯です。

国内ホスティング会社では、珍しくサーバーのリージョンが「日本」、「アメリカ(ロサンゼルス)」から選択できます。

大規模サイト運営には向かず、初めてサーバーを借りる初心者向けの小規模サイト向けのサーバーです。

東証一部上場のGMOCLOUDが運営する1993年創業の老舗ホスティングサービスです。運用24年の実績、知名度、安定性は最大手だけあって抜群です。

安定性には絶対の自信があるからできる稼働率100%を品質保証制度(SLA)で保証しています。実際の稼働率は、2012年以降すべて公表しており、数年に1回100%以下でるかどうかでほぼ100%を記録しています。

知名度、安定性を求めるならおすすめのサーバーです。

株式会社エルメディア(現在Rebyc社)が2003年から運営する老舗ホスティングサービスです。

近年標準搭載となってきたSSD採用プランと従来のHDDプランを2種類提供しています。

SSDプランでは「LiteSpeed」対応でホームページの表示速度、特にWordPressが高速化されています。

タイトルとURLをコピーしました